気になる場所の「ハザードマップを検索する方法」を確認してみた

暮らし

国交省の「重ねるハザードマップ」で検索する方法と、スマホアプリで現在地のハザードマップを見る方法をご紹介します。

近年、災害のニュースがとても多い気がします。

それなのに、私は今まで地元自治体のハザードマップさえ確認したことがありませんでした。

そこで今更ながら、気になる場所(自宅周辺やよく行く場所)のハザードマップを確認してみることにしました。

さらに、移動中など現在地の住所がわからない時のために、スマホアプリで「現在地のハザードマップを見る方法」も確認してみました。

スポンサーリンク

地名や住所で検索できる「重ねるハザードマップ」

国土交通省が運営する「ハザードマップポータルサイト」を開くと、「重ねるハザードマップ」

の検索画面が表示されます。(写真はスマホ画面です)

「重ねるハザードマップ」では、地名や住所で検索して、洪水や土砂災害などの様々な災害リスク情報を地図上に重ねて表示させることができます。
(検索せずに、直接「地図を見る」から表示させることもできます。)

試しに、「東京駅」で検索してみます。

災害種別で「洪水」を選択してみます。

洪水による浸水想定区域が色で表示されます。
(画面上の「凡例」をタップすると各色の浸水想定規模等の説明が表示されます)

地図をタップすると、タップした場所の想定浸水深が表示されます。

画面左上の「情報」をタップすると、災害種別選択の変更や追加ができます。

自然災害リスクをまとめて検索する方法

地図画面右上の「リスク検索」をタップしてから、地図上の調べたい場所をタッチすると、その場所の自然災害リスクがまとめて表示されます。

表示が重なって、見にくいところがあります…
ユリコ
ユリコ

「重ねるハザードマップ」は、スマホよりもパソコンの方が操作しやすく、表示も見やすかったです。

パソコン画面だと、こんな感じ。
スポンサーリンク

現在地のハザードマップを見るならスマホアプリ

今いる場所のハザードマップを見たい時には、スマホアプリが便利です。

出張先や移動中など、住所や地名がよくわからない時にもおすすめです。

今回は、「NHKニュース防災アプリ」を使用しました。

①NHKニュース防災アプリを開き、画面下部の「マップ」をタップします。

↑マップをタップする。

②表示されたマップ上の「現在地」マークをタップすると今いる場所が中心に表示されます。

③画面左下の「表示切り替え」をタップします。

↑「表示切替」をタップする。

④「ハザードマップ(洪水)」または「ハザードマップ(土砂災害)」を選択します。

↑ハザードマップの「洪水」または「土砂災害」を選択する。
↑「ハザードマップ・洪水」の表示
↑「ハザードマップ・土砂災害」の表示

表示された地図を拡大して見れば、今いる場所の自然災害リスクがわかります。

スポンサーリンク

最後に

ユリコ
ユリコ

「重ねるハザードマップ」を使って、自宅やよく行く場所のハザードマップを見ることができました。
いざという時のために、防災アプリの使い方も定期的に確認しておこうと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました